日本語 English
微生物の万能プラットフォーム
農業法人合同会社 吉岡の里

メンバー紹介

 

代表者 嶋﨑 剛志 代表社員

吉岡の里 現代表。
26年間の商社勤務を経て、2018年6月吉岡の里にて就農・起業。
商社時代に8年間の海外勤務、各種プロジェクトの立ち上げを経験。商社マンとして、海外で事業を立ち上げ、100億円以上の売上を創り、目的地に到達した!とおもったのもつかの間、「ここは来たかった場所ではなかった」と気づき、両親の病気などもあり「農」に目覚め、今日に至る。

私は畝がまっすぐで、よく整備された美しい圃場で農業ができれば、もう他に何もいりません。その結果として、仕方なく働いているサラリーマン諸兄に、殻を破る!やりたいことをやる!ために必要な勇気と自信を少しでも持ってもらえれば、この上ない幸せです!

産業カウンセラー・キャリアコンサルタント(国家資格)資格も保有。

 

役員 高橋  進 業務執行社員/農業技術担当

40年以上農業に従事。トマト及び微生物農法の専門家。
元 北群渋川農業協同組合合併時、初代代表監事 兼
JA連合会群馬県幹事会幹事。
吉岡の里 初代代表。10年前から農福連携を志向。

役員 金沢 善智 業務執行社員/医学博士・農福医連携担当

医学博士(弘前大学)
工学修士(東京理科大学)
元職/目白大学保険医療学部教授
〃 / 弘前大学大学院医学系研究科(併任:医学部)助教授
著書:「利用者から学ぶ福祉住環境整備」
「福祉用具援助計画書作成に必要な病気と障がいの基礎知識」

介護ロボット開発に携わり、ケアテクノス株式会社設立(2016年)

今日まで福祉と介護、医療に尽力。
「バクチャー」と出会い、あまりにも土壌改良の結果が完全なことから
健康の元となる食材を生産から取り組むことを決意。
自らも農業に携わり、その結果、福祉や若者の精神育成にも貢献できる
ことが分かってきたことから、本事業を通して人の心と身体の健康、更には自然環境の改善につながる事を確信して、農福医連携担当として吉岡の里に参画。

役員 阿部 行雄 業務執行社員/バクチャー技術担当