日本語 English
微生物の万能プラットフォーム
農業法人合同会社 吉岡の里

RODOさんご一行、きたる。

最近、視察のお客様が急増しております。

今回はRODOさんご一行がいらっしゃいました。

良い意味で不思議な方々。

最近定番の鮎、野菜天ぷら、卵ぶっかけうどん、キュウリまどをご賞味いただきました。

バクチャーパークにも触れていただき、驚きとともに多くの可能性を実感していただけたご様子。

バクチャーパークを作って本当に良かったと、再認識しました。

最近、何となくですが、うちのバクチャーパークの微生物が変化した気がします。

そのきっかけは孔太さんが来て以来。

孔太さんが微生物たちに大きな愛を送ったのと、

孔太さんが認めてくれたことによって、シマに自信が宿ったのと、

セットさん・RODOさんたちの波動と、

この3つが理由だと思います。

バクチャーはただ蒔けばよいのですが、もう一つだけ大きな要素があります。

それは微生物たちの息吹を感じ、「一緒にいる感じ」を持つこと。

前から思っていましたが、さっき立小便したおしっこは、さっきまで自分だったんですよ。

そのおしっこを微生物たちが分解して植物が吸収し、動物が食べ、その動物をまたシマが食べてます。

どこからが自分でどこからが自分じゃないかよくわかんなくなります。

ということで、

本日も、全部ありがとうございます!
すべての出来事とすべての出会いに感謝!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です